日本で唯一のFTD製造開発メーカーとして、開発、製作から保守整備まで一貫して行う。海外製FTDの輸入、保守も開始!     since 1998

 Flight Simulator

by 日本ビーテーエー株式会社

  お問い合わせ E-mail  : info@fs-device.com
 

本社
加須工場

Tel  03-3253-4604
Tel 
0480-65-1225

プロのパイロット養成、訓練機材としての操縦訓練用  計器の動き、プログラム解析などを学ぶ実習用機材としての教育・訓練用、操縦体験を楽しみたい方、空港イベントの体験型。大きく分けて固定型とモーション付きのFS-Chairの二種類があります。

 
 このウィンドウを閉じる

フライトシミュレーターとしての利用以外の応用例 

人力飛行機
日本大学 航空宇宙工学 嶋田・内山研究室 様

ラダー部分に負荷トルク付きのペダルを付け、ペダルの回転数
がスロットルと同様の役割をします。
座席の下には、エレベーターとラダー操作用のジョイスティッ
クが付き、実際の人力飛行機と同様の操縦ができます。

単なるアミューズではなく、機体設計・運動解析・操縦訓練な
ど幅広い分野での研究開発に応用が期待されています。
 
 

     < 日本大学新聞のニュースサイト より >
       理工学部では昨年12月、駿河台校舎1号館CSTホールで「第12回 スカイスポーツシンポジウム」を
       開催した。
       島田有三教授(誘導制御工学)は、人力飛行機の世界記録 更新 に向け、パイロットに対する科学的訓
       練を行うためのシミュレーター の 開発に着手したことを明らかにした。
       人力飛行機は “エンジン” に相当するパイロットの脚力が極めて重要だが、このシミュレーターを使って
       ペダルをこぐ力などの最適な配分を定めることが可能という。
       また、世界中の地形などを映像データとして入力すれば、あらゆる場所 での 飛行体験も可能となる。
       同教授は 「将来はこの映像技術をスペースシャトルのシミュレーションに 応用したい」 と語
った。

 
レーシング シミュレーター
静岡文化芸術大学デザイン学部宮田研究室 様
静岡理工科大学 情報システム学科玉真研究室 様
レーシングカーの加速感を、エレベーターとエルロンの動きに置き換えることで発生させているユニークな  研究です。
FS-Chairの特徴である2軸制御が パソコンからダイレクトに行えるメリットが 最大限発揮されています。

     < 静岡理工科大学  3D Digital Design Lab の発表論文の抄録 より >
        F1の迫力を体感できる3Dレーシングシミュレータの研究を進めている。
       物理モデルを導入し、Visual C++ 、DirectX を組み合わせ、3D描画技術を用いたリアルシミュレーターを
       作成した。
       物理モデルを取り入れることによって、ゲームに登場する 3Dオブジェクトに 物理法則に従った運動や挙動
       をさせることが可能となった。
       今回、ゲームと連動させ角度を変化させることができる専用操縦席を利用し、操縦席の傾きによって プレー
       ヤー に F1の加速度を体感させることができた。 (詳細は
こちら